手作り てい鍼販売

2020年07月13日

自律神経につよい東広島の整体

 笑凛庵の笑凛です。

 

当院は【ごしんじょう】という純金のてい鍼(ささない鍼)をメインとして施術を行っております。

純金となると2本で最低でも100万円以上かかってしまいます。

そこで私は、お客さんの自宅ケアのために純銀のてい鍼を制作して効果を試してみました。

銀は伝導率の面では金を上回るからです。

するとなんと【ごしんじょう】にまさるともおとらない効果を確認できました。

さらに研究を重ねるうちに、

てい鍼の先っぽの形状によって効果が違うことを発見しました。

尖り過ぎても、丸過ぎてもいけない。

ちょっと痛いのは痛いんだけど、なぜか受け入れることができる

ぴったりのところを見つけました。

金の棒で体内の静電気を抜く

てい鍼作りで一番大切なこと。

それは90%が先っぽの形状。

のこり10%が作り手の想い。

 

それでは臨床で実証されつくした、

笑凛庵のてい鍼を以下にご紹介しますね。

 

こちらの、てい鍼は純銀でできています。

直径7mm×長さ10cm

価格は2本セットで39,000円(税込)です。

1本では20,000円(税込)です。

 

こちらの、てい鍼も純銀製

直径8mm×10cm

価格は2本セットで50,000円(税込)

1本で26,000円(税込)で販売いたします。

 

直径8mmというのは、ごしんじょうと同じサイズになります。

上記の7mmのものと比べて、効果は変わりませんので

一般の方は7mmのもので十分だとおもいます。

 

こちらはプロの施術家に使ってほしい一品。

 

適度な重量感で手にしっくりくる感じが半端ないです。

自然と手首の力が抜けて施術者の気が入りやすいと感じます。

われながら、ほれぼれしてしまいます。

 

こちらの、てい鍼は銅でできています。

直径7mm×10cm

2本セットで3,900円(税込)。

1本は2,000円(税込)で販売しております。

効果は銀製には劣りますが、軽い腰痛や肩こりのケアにはぴったりの商品になります。

 

笑凛庵の手作りの、てい鍼を多くの人に届けたい。

その想いで、材料費にわずかな手間賃のみをのせて販売しております。

すべてのアイテムがおそらく相場の半額以下になっていると思います。

 

遠方のかたでも、送料1000円でお届けすることが可能です。

まずは、ご気楽に画面上部の「24時間無料相談」からご連絡くださいね。

 

 

 

 



東広島市の整体院 笑凛庵の施術の流れ

  1. 受付

    初めての方は受付の際問診票にお名前等をご記入いただきます。

  2. 問診

    現在のお悩みを確認し、現在の不調に真摯に向き合いヒアリングします。

  3. 施術

    まずは、体内にたまっている静電気を外に逃がし、一人ひとりに合わせた整体施術を行います。

  4. お会計

    お会計が済まれましたら、本日は終了です。
    お大事になさってください。