うつ病の原因 モノアミン仮説

2018年07月15日

自律神経につよい

東広島の整体 笑凛庵の笑凛です。

「なぜ、うつ病になるのか?」は

これまで「モノアミン仮設」というものが主流でした。

 

モノアミンとは、

「セトロニン」「ドパーミン」「アドレナリン」「ノルアドレナリン」

といった、「神経伝達物質」のこと。

神経細胞から神経細胞へ情報を伝えるときの”メッセンジャー”のような役割です。

脳内で「モノアミン」が不足しているため、

神経細胞間の情報伝達がスムーズにいかなくなって、うつ病が発症する。

 

これがモノアミン仮説です。

 

とくに、うつ病の人は、

「セトロニン」と「ノルアドレナリン」が少なくなっているといわれています。

 

ただこの「モノアミン仮説」は」、あくまでも「仮説」であって、

「なぜ、うつ病にになるのか」は、じつははっきりしていません。

 

心療内科にいくと、この仮説に従って、

SSRI(セトロニンの量を増やす薬)を処方されます。

 

SSRIを飲むと、セトロニンはすぐに増えるのに、

なぜか全員がうつ病がよくなるわけではありません。

 

そんななか、注目されているのが、

「慢性炎症仮説」です。

長引くストレスが脳に炎症を起こし、うつ病をひきおこしているのではないか。

 

次回は「慢性炎症仮説」について書いてみたいと思います。

https://www.sho-rin-an.com/kiritsu/



東広島市の整体院 笑凛庵の施術の流れ

  1. 受付

    初めての方は受付の際問診票にお名前等をご記入いただきます。

  2. 問診

    現在のお悩みを確認し、電磁波測定器で体内にたまっている電気を測定します。

  3. 施術

    まずは、体内にたまっている静電気を外に逃がし、一人ひとりに合わせた整体施術を行います。

  4. お会計

    お会計が済まれましたら、本日は終了です。
    お大事になさってください。

続けて通いましょう!