うつ病の診断基準

2018年07月21日

自律神経につよい

東広島の整体 笑凛庵の笑凛です。

 

精神科でのうつ病の診断基準を

分かりやすい言葉で書いてみたいと思います。

9つの症状がありますが、このうち、

①か②を含む5つ以上の症状が強く出ていて、

しかも、2週間以上続きている場合は、

うつ病と診断してもよいということになっています。

 

①気持ちの落ち込み。

②楽しめない、喜べない

③食欲の低下、増加

④不眠(寝つきが悪い、眠りが浅い)、または過眠(いくら寝ても眠い)

⑤気があせって、じっとしていられない。または頭の回転や動作がスローモーになる。

⑥疲れやすく、休んでも回復しにくい。また、気力がわいてこない。

⑦必要以上に自分のことを責めてしまう。

⑧思考力や集中力、記憶力の低下

⑨死ぬことをよく考える。

 

どうでしたか?

当てはまる人、結構いるんじゃないですかね。

 

5つあてはまると、心療内科にいくと、うつ病と診断されて、

薬づけがはじまるというわけです。

 

笑凛庵には、そんなあなたを、サポートする技術があります。

まだ、病院には頼りたくないという、あなたに

笑凛庵の施術を受けていただきたいです。

 

多くの方が、元気になられていますよ。

https://www.sho-rin-an.com/kiritsu/

 



東広島市の整体院 笑凛庵の施術の流れ

  1. 受付

    初めての方は受付の際問診票にお名前等をご記入いただきます。

  2. 問診

    現在のお悩みを確認し、現在の不調に真摯に向き合いヒアリングします。

  3. 施術

    まずは、体内にたまっている静電気を外に逃がし、一人ひとりに合わせた整体施術を行います。

  4. お会計

    お会計が済まれましたら、本日は終了です。
    お大事になさってください。