うつ病の原因 慢性炎症仮説

2018年07月15日

自律神経につよい

東広島の整体 笑凛庵の笑凛です。

 

「CRP値」というのを知っていますか?

リウマチの方ならおなじみの数値。

これは、体内の炎症レベルを表す値として使われています。

 

うつ病の人の、この数値が高いというデータがあります。

「炎症を起こせ」と命令する物質が増えると、まず、

神経細胞の情報送信部が集まっている「白質」という

部分が障害を受けます。

そのため、セトロニンやアドレナリンといった

「神経伝達物質」の働きも悪くなってしまうのです。

 

これが、うつ病の慢性炎症仮説。

前回説明した、「モノアミン仮説」とも矛盾していませんよね。

ただ、セトロニンやノルアドレナリンが不足することは、

おおもとの原因ではなく、途中経過だったということ。

 

「慢性炎症」がさきにあって、セトロニンやノルアドレナリン不足を招き、

うつ病を引き起こしていたわけです。

 

笑凛庵では、体内の静電気を抜くことで炎症の火を鎮めることができます。

炎症の火をまずは鎮めてから、今後、どのように再発を防ぐかをいっしょに

考えていきましょう。

https://www.sho-rin-an.com/kiritsu/



東広島市の整体院 笑凛庵の施術の流れ

  1. 受付

    初めての方は受付の際問診票にお名前等をご記入いただきます。

  2. 問診

    現在のお悩みを確認し、電磁波測定器で体内にたまっている電気を測定します。

  3. 施術

    まずは、体内にたまっている静電気を外に逃がし、一人ひとりに合わせた整体施術を行います。

  4. お会計

    お会計が済まれましたら、本日は終了です。
    お大事になさってください。

続けて通いましょう!